鈴木 智彦
TOMOHIKO SUZUKI

1966年、北海道生まれ。日本大学芸術学部除籍。雑誌・広告カメラマンを経て、ヤクザ専門誌『実話時代』編集部に入社。『実話時代BULL』編集長を務めた後、フリーライターに転身。実話誌、週刊誌を中心に、幅広くアウトロー関連の記事を寄稿している。著書には『サカナとヤクザ』(小学館)、『潜入ルポ ヤクザの修羅場』(文春新書)、『ヤクザと原発』(文藝春秋)、『ヤクザ500人とメシを食いました!』(宝島社)ほか、共著には『山口組 分裂抗争の全内幕』(宝島社)などがある。