長崎大学核兵器廃絶研究センター センター長・教授
鈴木 達治郎
TATSUJIRO SUZUKI

1951年大阪市生まれ。長崎大学核兵器廃絶研究センター センター長・教授。1975年東京大学工学部原子力工学科卒業、1979年マサチューセッツ工科大学プログラム修士修了。工学博士(東京大学)。ボストン・コンサルティング・グループ職員、財団法人電力中央研究所 社会経済研究所研究員、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授等を経て、2010年1月から2014年3月まで内閣府原子力委員会委員長代理を務めた。核兵器と戦争の根絶を目指す科学者集団「パグウォッシュ会議」評議員。新聞・月刊誌・ウェブ媒体等への寄稿のほか、『核のない世界への提言:核物質から見た核軍縮』(法律文化社/監訳)、『アメリカは日本の原子力政策をどう見ているか』(岩波ブックレット/共編)などがある。