マサチューセッツ工科大学教授
利根川 進
SUSUMU TONEGAWA

1939年愛知県生まれ。1963年京都大学理学部卒業。1968年カリフォルニア大学サンディエゴ校博士課程修了。Ph.D.ソーク研究所、バーゼル免疫学研究所を経て、マサチューセッツ工科大学教授。
抗体がさまざまな構造を実現する原理を解明し、1984年に文化勲章、1987年にノーベル生理学医学賞。その後、脳科学に研究領域を広げ、記憶のメカニズムや精神疾患の解明に取り組む。2009年から2017年まで理化学研究所脳科学総合研究センター(理研BSI)センター長をつとめる。その成果をまとめたのが共著『つながる脳科学』(講談社ブルーバックス)