慶應義塾大学教授
松浦 壮
SO MATSUURA

1974年生まれ。京都大学で理学の博士号を取得後、素粒子物理学者として日本、デンマーク、ポーランドの研究機関を渡り歩く。2009年から慶應義塾大学商学部勤務、現在は教授。研究の傍ら「文系学生」に物理学を講義。合気道四段。著書に『宇宙を動かす力は何か』(新潮新書)、『時間とはなんだろう』(講談社)がある。