永瀬 隼介
SHUNSUKE NAGAI

1960年 鹿児島県溝辺町(現霧島市)生まれ。週刊誌記者を経て1991年独立。おもに犯罪ノンフィクションを手がける。

2000年、『サイレント・ボーダー』(文春文庫)で小説家デビュー。他の作品に『閃光』(角川文庫)、『カミカゼ』(幻冬舎文庫)、

『悔いてのち』(光文社文庫)、『凄腕』(文藝春秋)など。

ノンフィクション作品は、『19歳 一家四人惨殺犯の告白』、『疑惑の真相 昭和8大事件を追う』(以上、角川文庫)など。