西山 秀二
SHUJI NISHIYAMA

1967年、大阪府八尾市生まれ。元プロ野球選手(捕手)、コーチ(巨人)、解説者、評論家。

八尾市大正中学校時代は、桑田真澄とバッテリーを組む。上宮高校を経て、86年、ドラフト4位で南海ホークス入団。翌87年のシーズン途中に広島東洋カープに移籍。93年から正捕手の座をつかみ、94年と96年には、ベストナインとゴールデングラブ賞を受賞。90年代のセ・リーグの捕手としては、古田敦也以外では唯一の複数回受賞である。また、96年には打率3割を記録しているが、広島の捕手で唯一の記録である。

2004年、コーチ就任の打診を受けるが、現役続行を望み自由契約となって、読売ジャイアンツへ移籍。巨人では23年ぶりに桑田をバッテリーを組んだが、同年限りで現役引退。

06年から巨人二軍のバッテリーコーチに就任。08年〜10年は一軍バッテリーコーチ。

11年からは、ラジオ日本ジャイアンツナイター、GAORAプロ野球中継解説者、デイリースポーツ東京本社評論家を務めている。