ジャーナリスト・近畿大学教授
奥田 祥子
SHOKO OKUDA

京都市生まれ。博士(政策・メディア)。元新聞記者。ニューヨーク大学文理大学院修士課程修了。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科博士課程単位取得退学。男女の生きづらさ、医療福祉・労働政策、家族、心の病、メディアなどをテーマに、ルポルタージュや評論、学術論文を国内外で発表。『男性漂流 男たちは何におびえているか』(講談社)がベストセラーとなり、台湾や韓国でも刊行された。著書はほかに、『男という名の絶望 病としての夫・父・息子』(幻冬舎)、『男はつらいらしい』(文庫版:講談社、電子版:新潮社)。近刊は『「女性活躍」に翻弄される人びと』(光文社新書)。共訳書に『ジャーナリズム用語事典』(国書刊行会)。約20年にわたり、取材対象者一人ひとりに継続的なインタビューを行い、取材者総数は男女合わせて400人を超える。日本文藝家協会会員。FM滋賀(e-radio)「chai」ニュースコーナー・コメンテーター。