ノンフィクション作家
黒川 祥子
SHOKO KUROKAWA

ノンフィクション作家。1959年福島県生まれ。東京女子大学業後、弁護士秘書、ヤクルトレディ、業界紙記者などを経てフリランスとなる。おもに事件や家族の問題を中心に執筆活動を行っいる。2013年、『誕生日を知らない女の子 虐待――その後の子どもたち』(集英社文庫)で第11回開高健ノンフィクション賞受賞。近著に『「心の除染」という虚構 除染先進都市はなぜ除染をやめたのか』(集英社インターナショナル)などがある。