作家・僧侶
家田 荘子
SHOKO IEDA

作家、僧侶。1991年、エイズに正面から取り組んだ『私を抱いて そしてキスして』で第22回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。著書に『極道の妻たち』®『少女犯罪』『歌舞伎町シノギの人々』など多数。
バブル時代の女たちをレポートした衝撃の書、『バブルと寝た女たち』(講談社)が電子書籍化されて発売中。