ギタリスト
笹久保 伸
SHIN SASAKUBO

秩父郡横瀬町出身。2004年〜2008年ペルーアンデスの村々をまわり音楽を学ぶ。現代音楽とアンデス音楽を演奏するギタリストとしてイタリア、ギリシャ、ブルガリア、ペルー、ボリビア、アルゼンチン、チリ、キューバなどで公演。2019年までに28枚のCDをリリース。帰国後は秩父を独自に調査しアートコレクティヴ「秩父前衛派」名義で音楽、映画、写真、現代美術作家として活動。山形国際ドキュメンタリー映画祭(2015)、瀬戸内国際芸術祭(2016)、市原湖畔美術館(2017)、金沢21世紀美術館(2019)などで作品を発表。写真集に『武甲山/未来の子どもたちへ』『百人武甲山』がある。