東北大学災害科学国際研究所教授
遠田 晋次
SHINJI TOHDA

1966年宮崎県生まれ。東北大学災害科学国際研究所教授。理学博士。鹿児島大学理学部卒業、東北大学大学院理学研究科前期博士課程修了、電力中央研究所、同所属中に米国地質調査所(USGS)客員研究員、東京大学地震研究所助手、産業技術総合研究所活断層研究センター研究員、京都大学防災研究所准教授を経て2012年10月より現職。専門分野は地震地質学。
著書に『連鎖する大地震』(岩波科学ライブラリー)、『活断層地震はどこまで予測できるか』(講談社ブルーバックス)がある。