eスポーツコミュニケーションズ合同会社代表
筧 誠一郎
SEIICHIRO KAKEI

1960年、東京生まれ。成城大学法学部卒業。eスポーツコミュニケーションズ代表、東京都eスポーツ連合会長、日本eスポーツリーグ代表。

1983年電通に入社し、主に音楽・ゲームを中心としたエンタテインメント事業に従事。2006年にeスポーツの存在を知り、その魅力と可能性について全国の企業・大学・官公庁などで講演。2010年電通を退社し、様々なeスポーツイベントやeスポーツ施設、eスポーツテレビ番組のプロデュースを行う。2016年、eスポーツコミュニケーションズ合同会社を設立。全国フランチャイズチーム総当たりによる「日本eスポーツリーグ」を主催。2018年に芸能事務所対抗の「eスポーツスターリーグ」開催。また、日本初のeスポーツ専門ムック『eスポーツマガジン』(白夜書房)の監修などもおこなう。

著書に『eスポーツ論 ゲームが体育競技になる日』(ゴマブックス)、『eスポーツ地方創生〜日本における発展のかたち〜』(白夜書房)がある。