名古屋大学教授
佐藤 理史
SATOSHI SATO

1960年北海道生まれ。京都大学大学院工学研究科博士課程研究指導認定退学。工学博士。京都大学工学部、北陸先端科学技術大学院大学情報科学研究科、京都大学大学院情報学研究科を経て、現在、名古屋大学大学院工学研究科教授、言語処理学会会長(2018-2020)。専門は、自然言語処理、人工知能。
主な著書に、『コンピュータが小説を書く日』(日本経済新聞出版社)、『言語処理システムを作る』『Rubyで数独』(以上、近代科学社)、『ロボットは東大に入れるか』(共著、東京大学出版社)など。