フィデリティ退職・投資教育研究所所長
野尻 哲史
SATOSHI NOJIRI

1959年生まれ。82年、一橋大学商学部卒業。山一証券経済研究所アナリスト、同社ニューヨーク事務所駐在、メリルリンチ証券会社東京支店調査部リサーチ・マーケティング・マネジャー、同調査部副部長を経て、2006年、フィデリティ投信に入社。07年からフィデリティ退職・投資教育研究所所長を務める。10年以上にわたって個人投資家の資産運用に対するアドバイスを続けており、最近はアンケート調査から個人投資家の投資動向を分析した意見を多く発表している。公益社団法人日本証券アナリスト協会検定会員、証券経済学会・生活経済学会・日本FP学会・行動経済学会会員。
著書には『退職金は何もしないと消えていく』『なぜ女性は老後資金を準備できないか』『老後難民──50歳夫婦の生き残り術』『日本人の4割が老後準備資金0円──老後難民にならない「逆算の資産準備」』(以上、講談社+α新書)などがある。