介護・暮らしジャーナリスト
太田 差惠子
SAEKO OTA

1993年頃より老親介護の現場を取材。取材活動より得た豊富な事例をもとに執筆や講演を行う。ファイナンシャルプランナー(AFP:日本FP協会認定)の資格も持つ。一方、1996年、親世代と離れて暮らす子世代の情報交換の場として「離れて暮らす親のケアを考える会パオッコ」を立ち上げ、2005年NPO法人化。現理事長。著書多数。近著に、「親の介護には親のお金を使おう!」(集英社)、「親の介護で自滅しない選択」(日本経済新聞出版社)、「親が倒れた!親の入院・介護ですぐやること・考えること・お金のこと」「高齢者施設 お金・選び方・入居の流れがわかる本」(共に翔泳社)など。