臨床発達心理士
黒澤 礼子
REIKO KUROSAWA

東京大学文学部心理学科卒。筑波大学大学院教育研究科修士課程修了。臨床心理士。臨床発達心理士。聖徳大学幼児教育専門学校講師、法政大学講師を経て、現在神奈川大学大学院講師を務める。
臨床分野においては、子ども家庭支援センター心理・発達相談員の後、特別支援教育専門家チーム委員、小学校・保育園などの特別支援教育・保育に携わる。順天堂大学医学部附属順天堂医院小児科にも勤務。
主な著書に『
心身障害Q&A 児童虐待』(黎明書房)、『新版 大人の発達障害に気づいて・向き合う完全ガイド』(講談社)などがある。