篠田 桃紅
PROFILE

美術家。1913(大正2)年3月28日生まれ。5歳の頃から父に書の手ほどきを受け、桃紅という雅号が付けられた。戦後まもなく墨を用いた抽象表現という新たな芸術を切り拓く。1956年に単身渡米。ニューヨークの一流ギャラリーで作品の発表を続け、世界的な評価を得る。作品は国内外の美術館、海外王室、宮内庁、政府公共施設など数十カ所に収蔵されている。2021年3月1日永眠。著者に『百歳の力』『一〇三歳になってわかったこと』『桃紅一〇五歳好きなものと生きる』など。

BOOKS

最新記事