村山 治

1950年徳島県生まれ。73年に早稲田大学政経学部卒業後、毎日新聞社入社。大阪、東京社会部で司法担当、遊軍記者として取材。91年、朝日新聞社に入社。社会部遊軍記者として、バブル崩壊以降の大型経済事件の報道にかかわった。17年11月、フリーランスに。著書に『安倍・菅政権vs.検察庁 暗闘のクロニクル』(文藝春秋)などがある。

最新記事