精神科医
きたやま おさむ
OSAMU KITAYAMA

1946年淡路島生まれ。精神科医、臨床心理士、作詞家。65年、京都府立医科大学在学中にザ・フォーク・クルセダーズ結成に参加し、67年「帰って来たヨッパライ」でデビュー。68年解散後は作詞家として活動。71年「戦争を知らない子供たち」で日本レコード大賞作詩賞を受賞。その後、九州大学教授、白鷗大学副学長などを経て、現在も精神分析的臨床活動を主な仕事とする。主な著書に『劇的な精神分析入門』(みすず書房)、『定版 見るなの禁止』(岩崎学術出版社)、『新版 心の消化と排出』(作品社)、『帰れないヨッパライたちへ』(NHK出版新書)、『コブのない駱駝』(岩波書店)、『みんなの精神科』(講談社+α文庫)、『共視論』(編著、講談社選書メチエ)、『ビートルズ』『日本人の〈原罪〉』(共著)(以上、講談社現代新書)など多数。