恩田 陸
RIKI ONDA

1964年宮城県生まれ。第3回日本ファンタジーノベル大賞の最終候補作となった『六番目の小夜子』で92年にデビュー。2005年『夜のピクニック』で第26回吉川英治文学新人賞と第2回本屋大賞、2006年『ユージニア』で第59回日本推理作家協会賞長編及び連作短編集賞を受賞。他の著書に『夢違』『夜の底は柔らかな幻(上・下)』『EPITAPH東京』『ブラック・ベルベット』『消滅 - VANISHING POINT』『タマゴマジック』などがある。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジーなどあらゆるジャンルで、魅力溢れる物語を紡ぎ続けている。