エー・ピーカンパニー副社長
大久保 伸隆
NOBUTAKA OKUBO

1983年生まれ、千葉県出身。 大学卒業後大手不動産会社に就職するが、約1年で退職。 アルバイト時代の飲食店での仕事の面白さが忘れられず、 2007年4月(株)エー・ピーカンパニーに入社。 2008年12月、のちに伝説の繁盛店と呼ばれる「塚田農場錦糸町店」の店長に抜擢され、ユニークなリピート戦略を打ち出し、雑居ビル空中階50坪の店で年間2億円超えの売上を出し続ける。 2010年「塚田農場」事業部長、 2011年取締役営業本部長、 2012年常務取締役営業本部長、 2015年31歳で取締役副社長に昇進。 アルバイトを精神的かつ経済的に満足させる独自の経営で驚きのリピート率を達成、『ガイアの夜明け』『カンブリア宮殿』など多くのメディアで話題になる。2016年3月に、その経営論をまとめた初の著書『バイトを大事にする飲食店は必ず繁盛する』を幻冬舎新書より出版。現在は 社内の4000人の学生にむけた就職支援セミナー「ツカラボ」をはじめ、大学のゲスト講師を通して就職支援セミナーや各種研修を行っている。