ノンフィクション作家
廣末 登
NOBORU HIROSUE

1970年生まれ。北九州市立大学大学院博士後期課程修了。博士(学術)。国会議員政策担当秘書、熊本大学特任助教を経て、現在は福岡県更生保護就労支援事業所長を務める。ノンフィクション作家。著書に、『ヤクザになる理由』(新潮新書)、『ヤクザと介護――暴力団離脱者たちの研究』(角川新書)、『ヤクザの幹部をやめて、うどん店はじめました。――極道歴30年中本サンのカタギ修行奮闘記』(新潮社)等がある。