津田塾大学教授
中村 元哉
MOTOYA NAKAMURA

1973年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科修了(博士〔学術〕)。日本学術振興会特別研究員、南山大学准教授などを経て、現在、津田塾大学学芸学部国際関係学科教授。専攻は、中国近現代史、東アジア国際関係論。主な著書に、『戦後中国の憲政実施と言論の自由 1945-49』(東京大学出版会)、編著に『現代中国の起原を探る――史料ハンドブック』(東方書店)などがある。