野球解説者
達川 光男
MITSUO TATSUKAWA

1955年、広島県生まれ。県立広島商業高等学校で、73年春に選抜大会に出場し、準決勝で江川卓擁する作新学院を破るも、横浜高校との決勝に敗れ準優勝。同年夏の選手権では決勝で静岡高校を下し全国制覇を果たす。進学した東洋大学では松沼雅之とバッテリーを組み、76年秋に東都大学リーグで初優勝を飾る。78年ドラフト4位で広島東洋カープに入団。6年目の83年に正捕手となり、84年のカープ日本一に貢献。ベストナイン3回、ゴールデン・グラブ賞3回、オールスター出場7回。92年に現役を引退し、野球解説者を経て、95年福岡ダイエーホークス一軍バッテリーコーチ、98年カープ二軍監督、99~2000年カープ一軍監督、03年阪神タイガース一軍バッテリーコーチを歴任。2014~15年中日ドラゴンズ一軍バッテリーコーチ、17~18年福岡ソフトバンクホークス一軍ヘッドコーチを務め、現在は、高校・大学をはじめアマチュア野球の指導・支援に奔走している。