ジャーナリスト
佐藤 光展
MITSUNOBU SATO

医療ジャーナリスト。ジャーナリズムNGO「ワセダクロニクル」記者。神戸新聞社会部で阪神淡路大震災や神戸連続児童殺傷事件を取材。2000年に読売新聞東京本社に移り、2003年から15年間医療部に在籍。菊池寛賞や日本新聞協会賞などを受賞した看板連載「医療ルネサンス」の執筆や、数々のスクープで「医療の読売」を支えた。2018年1月に独立。著書は『なぜ、日本の精神医療は暴走するのか』(講談社)、『精神医療ダークサイド』(講談社現代新書)など。