津田 倫男
MICHIO TSUDA

(株)フレイムワーク・マネジメント代表。企業アドバイザー。1957年生まれ。都銀、外銀、外資IT系CVCを経て、2001年に独立。企業、自治体、銀行などに戦略・人材開発助言を行う。著作に「地銀・信金 ダブル消滅」(朝日新書)、「誰も書けなかった銀行消滅の地図帳」(宝島社新書)、「40歳からの貯めるコツ、使うコツ」(海竜社)、「いま必要な庶民金融」(電子のみ。ボイジャープレス)ほか。一橋大学、スタンフォード大学経営大学院卒。趣味は旅行だがコロナで動けず、もう一つの趣味である読書の量が増える日々を送る。