名城大学非常勤講師
賀茂 道子
MICHIKO KAMO

早稲田大学教育学部卒業。名古屋大学大学院環境学研究科博士後期課程修了。博士(法学)。現在、名城大学非常勤講師。専門は、日本政治外交史、占領史研究。主な論文に「ウォー・ギルト・プログラムの本質と政治性 占領下『戦争の有罪性』を認識させるための情報プログラム」『同時代史研究』(2015年)、「占領初期における新聞懇談会の意義 戦争犯罪人報道に着目して」『人間環境学研究』(2017年)がある。