個人資産10億円の元外資系ディーラー
ミアン・サミ
MIAN SAMI

個人資産10億円の元外資系ディーラー。「お金の科学者」として活躍する国際人。
1980年、東京・品川で生まれる。両親はパキスタン人。国内のインターナショナルスクールで学んだ後、米国のデューク大学に入学。医療工学、電子工学、経済学を専攻。在学中より株、FXなどに投資し資産運用を始める。大学卒業後、日興シティグループ証券(現シティグループ証券)に入社。その後、イギリス系のヘッジファンドに移籍。2009年、29歳のときに太陽光パネルメーカーを興すが大失敗。翌年、再起のためドイツ証券に入社。その傍ら、不動産を中心に個人投資に力を入れ、目標資産である10億円に到達する。2016年にドイツ証券を退職。まったく畑違いの飲食フランチャイズ事業に挑戦し、経営者として成功を収めた。現在は、本書の核となった独自の資産運用法であるウォーターフォール投資法を広めるべく、セミナーやイベントの開催のほか、Webメディアにもたびたび寄稿。ブロックチェーン業界にも携わる。
本書『毎月5000円で自動的にお金が増える方法』が初めての著書となる。