松井 守男
MORIO MATSUI

1942年、愛知県豊橋市生まれ。武蔵野美術大学造形学部油絵科を卒業と同時に、フランス政府給費留学生として渡仏。パリを拠点に制作活動を始め、アカデミー・ジュリアンやパリ国立美術学校に学び、また ピカソとの出会いに大きな影響を受ける。

以後、サロン・ド・メ出品、個展開催、エールフランスの機内デザインなどの活動を展開するも、さまざまな苦悩や葛藤に直面し、自分の表現を模索する時期が続く。
1985年、2年半の歳月をかけ、これを描いて死ぬという覚悟で作品『遺言』を制作。その西洋でも東洋でもない 全体とディテール・すべてから精神、生命、光を発する抽象画は 真のオリジナリティーとして現地で高い評価を得た。

1997年よりコルシカ島に拠点を移し、以後地中海西部の豊かな自然をモティーフとした作品を手がける。2000年にはフランス政府より芸術文化勲章、2003年にはレジオンドヌール勲章を受章し、2005年に「愛・地球博」 のフランス・ドイツ共同パビリオンの公式作家となり、当時の大統領ジャック・シラクより「フランスの至宝」と称される。2008年には日仏友好150周年記念展シャネル・ネクサス・ホール(東京・銀座)や長崎の大浦天主堂などの史跡で個展が開催され、スペイン・サラゴサ万博で再度フランス公式画家に選出される。

2008年より長崎県五島列島の久賀島にもアトリエを構えコルシカと日本の双方に制作拠点を構えている。また東日本大震災後は 特に日本復興への祈りを込めて「HOPE JAPAN」、世界に誇るべき日本のエスプリを伝えようと「大和魂!」のシリーズを制作し、絵画世界の新たな次元に挑戦している。