特定非営利活動法人 社会理論・動態研究所・研究員
打越 正行
MASAYUKI UCHIKOSHI

1979年生まれ。社会学者。2016年、首都大学東京人文科学研究科にて論文博士号(社会学)を取得。現在、特定非営利活動法人 社会理論・動態研究所・研究員、沖縄国際大学 南島文化研究所・研究支援助手ならびに琉球大学 非常勤講師。論文に、「沖縄的共同体の外部に生きる」谷富夫ほか編著『持続と変容の沖縄社会』(ミネルヴァ書房、2014年)、「暴走族のパシリになる」前田拓也ほか編著『最強の社会調査入門』(ナカニシヤ出版、2016年)などがある。その他の業績は個人HP(http://blog.goo.ne.jp/uchikoshimasayuki)で公開している。