東京大学社会科学研究所・日本学術振興会特別研究員
高島 正憲
MASANORI TAKASHIMA

1974年生。2006年大阪大学大学院文学研究科後期博士課程中退。2014年一橋大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。日本銀行金融研究所アーキビスト、一橋大学経済研究所研究員などを経て、東京大学社会科学研究所・日本学術振興会特別研究員、博士(経済学)。著書に『経済成長の日本史―古代から近世の超長期GDP推計 730-1874』(名古屋大学出版会)等がある。