慶應義塾大学環境情報学部教授。工学博士
諏訪 正樹
MASAKI SUWA

1962年大阪生まれ。慶應義塾大学環境情報学部教授。工学博士。東京大学大学院工学系研究科博士課程修了。(株)日立製作所基礎研究所、シドニー大学建築デザイン学科主任研究員、中京大学情報理工学部教授などを経て現職。身体知の学び、コミュニケーションのデザインを専門とする。野球選手として打撃スキルを磨かんとする実践(フィールドに出た構成的研究)から、学び理論「からだメタ認知」を提唱し身体知を探究してきた。著書に『「こつ」と「スランプ」の研究――身体知の認知科学』(講談社選書メチエ)、『身体が生み出すクリエイティブ』(ちくま新書)、共著に『知のデザイン――自分ごととして考えよう』『一人称研究のすすめ――知能研究の新しい潮流』(ともに近代科学社)。