在京テレビ局記者
鈴木 真治
MASUHARA SUZUKI

在京のテレビ局で20年以上にわたり記者として勤務。これまで、いじめをはじめとした教育関係の問題についても取材を重ねてきた経験を持つ。実体験を綴った『うちの子もいじめられました 「いじめ不登校」から「脱出」まで150日間の記録』及び本書関連の記事は家族、職場、舞台となった学校など、周囲に与える影響を考慮し、仮名で執筆。