京都女子大学現代社会学部教授
戸田 真紀子
MAKIKO TODA

1963年生まれ。大阪大学大学院法学研究科博士課程後期単位取得退学、博士(法学)。天理大学国際文化学部教授を経て、現職。専攻は比較政治学(アフリカ地域研究)。主な著書として、『貧困、紛争、ジェンダー アフリカにとっての比較政治学』(単著、晃洋書房、2015年)、『アフリカと政治 改訂版』(単著、御茶の水書房、2013年)、『帝国への抵抗』(編著、世界思想社、2006年)、『改訂版 国際社会を学ぶ』(共編著、晃洋書房、2019年)、『国際関係論の生成と展開:日本の先達との対話』(共編著、ナカニシヤ出版、2017年)、『国際関係のなかの子どもたち』(共編著、晃洋書房、2015年)など。