パートナーコンサルタント
大塚 万紀子
MAKIKO OTSUKA

ワーク・ライフバランス株式会社の創業メンバー・パートナーコンサルタント。金沢工業大学大学院客員教授。
豊富な知識をもとに、日本的経営のよさを活かしながら、多様な人材が活躍でき効率的な経営に生まれ変わるための施策の提案や、
あくまでもクライアント企業の「良さ」を活かしながらワーク・ライフバランス)を取り入れるための手法を用い現場の働き方にそったコンサルティングを提供、労働時間を削減しながら売上・利益を上げるなどの成果を出している。

自らのコーチングスキルを活かしながら、多くの経営者と“経営戦略としてのワーク・ライフバランス”について対話を続け、ダイナミックな働き方改革を仕掛けることを得意とする。
行政組織における働き方の見直しや、地域創生の鍵としての働き方改革促進についても経験が深い。
主な顧客は経済産業省、(株)リクルートスタッフィング等。
年50回を超える講演・研修を担当。政府の委員等も務める。二児の母。