歴史家・作家
加来 耕三
KOZO KAKU

歴史家・作家。1958年、大阪市生まれ。1981年、奈良大学文学部史学科卒業後、学究・著作活動に入る。古流剣術「東軍流」第17代宗家。タイ捨流剣法免許皆伝。 著書に『歴史に学ぶ自己再生の理論』(論創社)、『財閥を築いた男たち』(ポプラ新書)、編著に『日本武術・武道大事典』(勉誠出版)などがある。