フリージャーナリスト
姫田 小夏
KONATSU HIMEDA

東京都出身。アジア・ビズ・フォーラム(AbF)主宰。上海財経大学公共経済管理学院で修士課程(MPA、専攻は土地資源管理)修了。中国ウォッチは25年超、うち15年近くを上海で過ごす。1998年末に上海で、その後北京でビジネス情報誌「SUPERCITY」を創刊、10年にわたり同誌編集長を務める。2008年夏の退任後、中国、アジアを追うフリージャーナリストとして活動を開始。2014年以降は東京を拠点に移し、インバウンド・ツーリズムをフォーカス。「ダイヤモンド・オンライン」、「JBpress」にて長期連載、「時事速報」で「インバウンド最前線」を連載するほか、「ニッポンドットコム」「プレジデント・オンライン」など寄稿多数。著書に『インバウンドの罠』(時事通信出版局)、『中国で勝てる中小企業の人材戦略』(テン・ブックス)。共著に『バングラデシュ成長企業 バングラデシュ成長企業と経営者の素顔』(カナリヤコミュニケーションズ)。