姫路工業大学名誉教授
岸野 正剛
SEIGO KISHINO

1938年生まれ。大阪大学工学部精密工学科を卒業し、日立製作所中央研究所に入社。最初、X線回折の研究をし、その後、半導体デバイスや超伝導デバイスの研究を重ねたエキスパートとして、大学で教鞭をとることになる。『現代 半導体デバイスの基礎』(オーム社)、『量子力学の基礎』(丸善)、『量子力学 基礎と物性』(裳華房)、『今度こそわかるマクスウェル方程式』『今日から使える物理数学』(講談社)などの著書は、一見難しい理論をユーモラスな文体のオブラートに包んで説明していて、好評である。