京都産業大学教授
伊藤 公雄
KIMIO ITO

1951年生まれ。京都大学文学部・同大学院博士課程で社会学専攻。その後、イタリア政府給費留学生としてミラノ大学政治学部留学。京都大学文学部助手、神戸市外国語大学講師・助教授、大阪大学人間科学部助教授・教授を経て、京都大学院文学研究科・文学部教授。現在、京都産業大学現代社会学部客員教授・ダイバーシティ推進室長、京都大学・大阪大学名誉教授。日本学術会議会員、国立女性教育会館監事など。専門は文化社会学、政治社会学、ジェンダー論。著書に『光の帝国・迷宮の革命』(青弓社)、『「戦後」という意味空間』(インパクト出版会)、共著書に『共同研究戦友会』(田畑書店)、『戦後社会の中の戦争』(世界思想社)、『唱歌の社会史』(メデイアランド)などがある。