ライター・翻訳者
金 香清
KIM HYANG-CHUNG

「クーリエ・ジャポン」創刊号より朝鮮半島担当スタッフとして従事。退職後、韓国情報専門紙「TeSORO」(ソウル新聞社)副編集長を経て、現在はフリーランスのライター、翻訳者として活動。訳書に『後継者 金正恩』、著書に『朴槿恵 心を操られた大統領』文藝春秋)がある。