データサイエンティスト
松本 健太郎
KENTARO MATSUMOTO

データサイエンティスト。1984年生まれ。龍谷大学法学部卒業後、データサイエンスの重要性を痛感し、多摩大学大学院で"学び直し"。現職では、データサイエンスに基づき、ユーザーの心を捉えたアイデアを引き出す「インサイト」の開発支援に携わる。政治、経済、文化など、さまざまなデータをデジタル化し、分析・予測することを得意とし、ラジオや雑誌にも登場している。
著書に『データサイエンス「超」入門』『人は悪魔に熱狂する』(毎日新聞出版)、『アイデア量産の思考法』(大和書房)、『なぜ「つい買ってしまう」のか? 』(光文社)などがある。