マンション研究家
三井 健太
KENTA MITSUI

大手マンション分譲会社で開発から設計・企画・営業まで「マンションビジネス」の全ての実務を経験。退職後、マンション研究家、住宅・不動産アドバイザーとなる。研究対象は業界と住宅の歴史、行政・法律、市場分析、企画設計、広告、販売まで広範囲に及ぶ。30年余の業界経験を活かして著作、評論活動のほか、「三井健太のマンション相談室」を主宰、「住まいスタジアム」相談員も務める。これまで約3000人から相談を受け、5000戸・20万ページ以上の評価レポートを書いている。連載するブログは5日おきの定期更新を欠かさず、最長のものは2019年2月時点で670号を数える。
主な著書に『マンション大全』(朝日新聞出版)がある。