専修大学教授
岡田 憲治
KENJI OKADA

1962年、東京都生まれ。専修大学法学部教授。早稲田大学大学院政治学研究科博士課程修了(政治学博士)。専攻は現代デモクラシー論。著書に『権利としてのデモクラシー』(勁草書房)、『言葉が足りないとサルになる』『静かに「政治」の話を続けよう』(共に亜紀書房)、『働く大人の教養課程』(実務教育出版)、『ええ、政治ですが、それが何か?』(明石書店)、『デモクラシーは、仁義である』(角川新書)など。