総合研究大学院大学生命共生体進化学専攻准教授
伊藤 憲二
KENJI ITO

1967年、東京都生まれ。東京大学で学士号・修士号取得後、ハーバード大学でPhDを取得。総合研究大学院大学生命共生体進化学専攻准教授。専門は科学史、とくに20世紀日本の物理学史。最近の論文は次のようなものがある:伊藤憲二「竹内時男と人工放射性食塩事件:1940年代初めの科学スキャンダル」『科学史研究』 57(288), 2019年, 266 - 283頁;Kenji Ito, "'Electron Theory'" and the Emergence of Atomic Physics in Japan," Science in Context 31(3), 2018, 293 - 320; Kenji Ito, "Magnetrons and Quantum Electrodynamics: Engineering and Physics in the Case of Tomonaga Sin-itiro," Studies in History and Philosophy of Modern Physics 60, 2017, 110-122.