在宅介護エキスパート協会代表
渋澤 和世
KAZUYO SHIBUSAWA
PERSON

「在宅介護エキスパート協会」代表。親の介護をきっかけに社会福祉士、宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナーなどの資格を取得。長年にわたり仕事・子育て・介護の「トリプルワーク」を経験。その経験や知識を元に、介護情報サービス提供を目的とした「在宅介護エキスパート協会」を設立、代表を務める。新聞やウェブビジネスニュース等メディアでの執筆も多数。介護する者、支援する者、専門家としての3つの顔と行政、企業、家庭の3つの軸から介護問題を解決する唯一無二の存在。著書「親が倒れたら、まず読む本」(プレジデント社)は、家族の入院・介護に取り掛かる方のバイブル的存在。

BOOKS

最新記事