拓殖大学准教授
佐藤 一磨
KAZUMA SATO

拓殖大学政経学部准教授。1982年生まれ。慶応義塾大学商学部、同大学院商学研究科博士課程単位取得退学。博士(商学)。専門は労働経済学・家族の経済学。近年の主な研究成果として、(1)「幸せ太りは本当に存在するのか」(2019年、日本人口学会第71回大会にて発表)、(2)”Does marriage improve subjective health in Japan?” Japanese Economic Review, forthcoming、(3)「夫よりも学歴が高い妻は幸せなのか」PDRC Discussion Paper Series DP2017-009がある。