文筆家
川端 裕人
HIRITO KAWABATA

1964年兵庫県明石市生まれ、千葉県千葉市育ち。東京大学教養学部卒業。日本テレビ報道局で科学報道に従事し、1997年よりフリーランス。小説作品に『夏のロケット』『銀河のワールドカップ』『星と半月の海』『川の名前』『青い海の宇宙港(春夏篇・秋冬篇)』など、ノンフィクション作品に『動物園にできること』など多数。また科学書にも『宇宙の始まり、そして終わり』(共著・日経プレミアシリーズ)、『8時間睡眠のウソ』(集英社文庫)などの著書がある。2018年、著書のブルーバックス我々はなぜ我々だけなのか アジアから消えた多様な「人類」たち 』(監修:海部陽介氏)が科学ジャーナリスト賞を受賞。