毎日新聞記者
澤田 克己
KATSUMI SAWADA

1967年埼玉県生まれ。慶応大学在学中に延世大学(ソウル)で韓国語を学ぶ。大学卒業後、毎日新聞社に入り、1999~2004年と2011~2015年にソウル特派員、その間の2005~2009年にジュネーブ特派員。ジュネーブ勤務時に、北朝鮮の金正恩氏がスイスの首都ベルンの公立中学校に留学していたことをスクープした。1997年と2002年に北朝鮮を現地取材したが、2004年以降はビザ発給を拒否されている。主たる関心事は、韓国社会の意識変化。著書に『「脱日」する韓国』(ユビキタ・スタジオ)、『韓国「反日」の真相』(文春新書、アジア太平洋賞特別賞)、『韓国新大統領 文在寅とは何者か』(祥伝社)、『反日韓国という幻想』(毎日新聞出版)、『新版 北朝鮮入門』(東洋経済新報社、共著)、『平成時代の日韓関係』(ミネルヴァ書房、近刊、共著)、訳書に『天国の国境を越える』(東洋経済新報社)