若井 克子
KATSUKO WAKAI

香川県生まれ。日本女子大学在学中にキリスト教に入信。卒業後は徳島県の県立高校などで家庭科教諭を務め、1974年、勤務医だった若井晋と結婚する。2度の海外生活などを経て、男女共修が決まったばかりの家庭科の非常勤講師として、87年から栃木県内の高校に勤務。99年に夫が東京大学の教授に着任するが、若年性アルツハイマー病とそれにともなう体調不良により、2006年に早期退職。以後は、認知症の当事者とその家族として各地で講演活動を行いながら、2021年に夫が永眠するまでサポートを続けた。

最新記事