慶應義塾大学教授
安藤 寿康
JUKO ANDO

1958年、東京都生まれ。慶應義塾大学文学部卒業後、同大学大学院社会学研究科博士課程修了。現在、慶應義塾大学文学部教授。教育学博士。専門は行動遺伝学、教育心理学。主な著書に『日本人の9割が知らない遺伝の真実』(SBクリエイティブ)、『遺伝マインド』(有斐閣)、『遺伝と環境の心理学』(培風館)、『遺伝子の不都合な真実』(筑摩書房)、『「心は遺伝する」とどうして言えるのか』(創元社)、『心はどのように遺伝するか』(講談社ブルーバックス)などがある。最新刊『なぜヒトは学ぶのか』(講談社現代新書)。